すぐに実践することが近道

貯金をするためには誰でも何かを我慢する必要が出てきます。貯まらないという現実から貯まる未来へとシフトするには、何かしらの代償が伴うのです。その我慢と引き換えに、貯金という成果が実ります。しかも我慢の量に比べて、実る果実の方がはるかに大きいものなのです。習慣や行動の違いが成果に大きな差をつけます。だからこそ、小さな努力を意識して続けるべきなのです。90日間という期間で試してみると、必ず、成果を実感できることでしょう。また、小さな我慢の積み重ねに強い意志が継続的に加われば、さらなる成果を生み続けていくことも可能なのです。
貯金生活の実践には実は楽しさや面白さが味わえる反面、我慢するつらさも伴います。変化を実感できれば、未来への希望さえ湧いてくるのです。そして、その喜びは体感してみなければ味わうことはできません。貯金に希望を感じるには、まず節約してお金が貯まることの「楽しさ」を感じ取ることが先決です。計画だけ入念に立ててみたり、やる前から悩んでみたり、節約を始める時期を待ったりせず、思い立ったらすぐに実行することが重要です。実践しているなかで浮き上がってきた問題や障害に対しても、逃げることなく真っ直ぐに向き合っていくようにしましょう。それを乗り越えることがさらなる楽しさにつながり、そしてお金が貯まっていくのです。まずスタートを切り、その途中で計画や対応を再検討して、またさらに実行していくことが最善の策なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です