働く女性の蓄えはどれくらい必要

貯金は毎月コツコツしておきたいものですが、思うように行かない時もありますよね。月々の貯金はしないで、ボーナスを当てているといった人もよく見られます。働く女性にとってどの程度貯金を持っておきたいものなのでしょうか。一般的に言われるおおまかな目安としては、まず自分の生活費の半年分です。例えば、体調を崩して入院する必要があり、働けなくなってしまった時、もしくは転職活動をしたいけれどもそのためのスキルを身につけるためのスクールに通う、または派遣先との契約が一時無くなってしまった時のための保険として、当面の生活ができるように半年分は確保しておきたいと言われています。もちろん実家で生活をしている人は一人暮らしをしている人より生活費は少なくて済みますが、それでも実家に依存し続けるわけにはいかないので、まとまった額は貯めておきましょう。
そして仕事関連以外でもまとまったお金が必要となることといえば結婚があげられます。もちろん現代では結婚に際しては女性もお金が必要になります。結婚に関する費用はおおまかに二人での分担になりますが。住居を用意したり、結婚指輪、結婚式、披露宴、新婚旅行、新居の家具などに多くのお金がかかります。仮に新郎の家が負担してくれるといっても全てを頼るのは非常識です。また結婚生活を行うに必要な生活力が無かったり節約ができない人間と思われるようなことは避けなくてはならないでしょう。結婚を視野に入れている人は特に貯蓄を心がけ、大人のマナーとしてまとまったお金を出せるようにしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です